ロゴ

主婦でも利用できるカードローン

専業主婦は総量規制があるため、お金を借りられるサービスが少ないです。総量規制は、多重債務者の問題を解決するためにでき、借入金額が通常は年収の3分の1までという限度額の上限が設定されています。専業主婦は収入がないため通常お金を借りることができませんが、総量規制対象外のカードローンや配偶者貸付制度があるカードローンを利用してお金を借りることが可能です。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンは限度額が高め

カードローンではATMやキャッシュディスペンサーでお金を引き出す方法と指定の金融機関の口座に振り込みにて借り入れをする方法があります。審査中に限度額が決められていますが、限度額内であれば何度でも借り入れすることが可能です。限度額は数十万円から数百万円と高めに設定されています。

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能

キャッシングは通常クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を利用します。ATMなどにクレジットカードを挿入しお金を借り、利用限度額が少なく返済方法は一括翌月払いや残高スライドリボ払いとなります。

比較して選ぼう

カードローンを比較するときのポイントは限度額や金利に注目です。限度額によって借り入れできる金額が異なり目的に見合わない可能性もありますし、金利の高さは返済額がアップしてしまいます。また忘れがちな無利息サービスや毎月の返済額にも注目しましょう。無利息サービスを利用することによってお得になったり、毎月の返済額が低いことによって返済期間が長引き返済総額が増えてしまったりする可能性もあります。

カードローン利用の流れ

女性

申し込み方法を選択

カードローンの審査申し込みには、インターネットやアプリから、郵送・電話、自動契約機そして店頭と選ぶことが可能です。選んだ方法から審査を申込んでいきます。申し込みをするときには、本人確認書が必要となりますが、利用業者によって書類が異なりますので選んだ業者のホームページなどで確認をしておきましょう。

仮審査と本審査

申し込み後、仮審査が行われます。仮審査はコンピュータによって判断され、本審査では申し込み内容とさらに本人情報や信用機関情報などから判断され、条件に合わない場合には審査を落とされることになります。審査項目として本人情報や住居・家族について、勤務先や現在の借入状況などから判断されます。

在籍状況の確認も含め審査が完了

審査だけでなく、職場に勤務状況の確認が入ります。審査に必要な書類に記載した職場に本当に勤務しているかの確認となります。ほとんどのカードローン業者では勤務状況の確認連絡が入りますが、業者名を名乗ることはないため審査を受けているということがバレる確率は低いです。本審査が通ると契約となります。

カードローンでピンチを乗り切る【比較で後悔リスクを回避しよう】

クレジットカード

返済計画を立てた上で利用することが重要!

ATMでの借り入れや指定口座への振込など便利に利用でき、学生や専業主婦であっても利用することが可能なカードローンですが、返済計画をしっかり立てないと返済が滞ってしまったり、返済残高がいつまでも残ってしまったりするということになってしまいます。毎月決められた金額を返済することも大切ですが、返済期間を短縮するためにも繰り上げ返済をすることが重要になります。

広告募集中